COLUMN

ここでは、イヤリングについてのちょっとした知識や皆さんが気になるような記事を掲載中です!

樹脂ノンホールピアスとは?

留め具種類

当店では様々種類のイヤリングを取り扱っておりますが、留め具がいろいろあってどう選んだら良いか分からないという方のために、複数回に分けて各留め具についてのコラムをご紹介します♪
今回ご紹介するのは、「樹脂ノンホールピアス」です

【樹脂ノンホールピアスとは?】

ノンホールピアスというのは、留め具部分がΩ(オメガ)のような形をしたイヤリングのことで、一般的なネジバネ式やパイプ式とは違ってスッキリとした見た目が特徴です。
そして、樹脂ノンホールピアスとは耳にあたる留め具部分がすべて樹脂でつくられたノンホールピアスのことです。

↑画像のような留め具が樹脂ノンホールピアスです♪

【圧倒的人気No.1★樹脂ノンホールピアス】

イヤリングと言えば一般的にネジバネ式が主流ですが、最近は樹脂ノンホールピアスの割合もかなり増えてきて主流になりつつあります!

●どうして1番人気なの?

  • 理由① 樹脂製なので、お肌が弱い方にも安心♪
    お客様からよくお聞きするのは「金属アレルギーで金具があたるとかぶれや痒みがでる」というお声。特に夏場の汗をかきやすい季節は、悩まれている方が多いですね。
    ですが、樹脂ノンホールピアスは耳にあたる部分がすべて樹脂なのでお肌が弱い人も安心してお使い頂けます。
  • 理由② 落ちにくい!
    イヤリングユーザーの悩みとして、「いつの間にか落として失くしてしまった…」という悲しいお声は良くお聞きます。
    樹脂ノンホールピアスは、Ω(オメガ)型が耳たぶにフィットし、しっかりホールドをしてくれるので落ちにくいのも人気の理由の1つです。
    ※お耳の形によっては個人差がございます。
  • 理由③ ピアスみたいに見える!
    イヤリングと聞くと「留め具部分が目立つのが気になる」というご意見が多いですが、樹脂ノンホールピアスは、留め具部分がコンパクトで、かつ透明なので目立ちにくい!
    遠くから見るとまるでピアスを着けているよう?!

    ぶら下がりモチーフだとより一層ピアス見えします。

【樹脂ノンホールピアスって着けにくい?!】

前述でも記載した通り、イヤリングユーザーにとって良いことづくめな樹脂ノンホールピアス♪
しかしながら、一般的なネジバネイヤリングに比べると装着が難しいようでお客様からの問い合わせもチラホラ…。
「装着するためにノンホールを広げようとしたら力が入りすぎて折れちゃった!」 「耳たぶに着けるときに手から弾けて紛失しちゃった…」などなど。
上手く耳たぶに挟むことができず苦戦する人が多いようです。

そんなご要望に応えて、ノンホールピアスのつけ方をご紹介いたします。

*ノンホールピアスの付け方*

  • ① ノンホールを外側に引っ張り、少し幅を広げます。(※無理に広げると折れる可能性があるのでご注意ください)
  • ② 軟骨に近い耳たぶの薄い部分に装着します。
  • ③ 装着したい位置まで指で寄せてスライドさせます。
  • ④ 少し下に引っ張ってみてしっかり留まっていればOKです!


慣れれば鏡を見なくてもスイスイ着用できるようになります♪

【樹脂ノンホールピアスはこんな方にオススメ♪】

耳たぶの厚みや好みは人それぞれ。樹脂ノンホールピアスのオススメタイプをお教えいたしますので是非ご参考ください!

・耳たぶの厚さが薄め~普通の方
ホールド力が強いので厚い耳たぶの方は耳が痛くなってしまう可能性があります。

・金属アレルギーの方
耳にあたる箇所が樹脂製なので安心。(※揺れるタイプの商品はモチーフ部分が耳に触れる場合がございます)

・イヤリングの大きい留め具を好まない方
樹脂ノンホールピアスは、イヤリングのデメリット「ごつい・目立つ」といった概念を大きく覆したコンパクトな見た目。
重ね着けもできるのでオシャレの幅が広がります♪



シンプルからトレンドものまで多数取り揃えております。
欲しいものがきっと見つかる★

↓樹脂ノンホールピアスの商品一覧はこちら↓

掲載アイテム

  • 樹脂製 立体的の中でキラリと光るノンホールピアス

  • ロングチェーンで揺れるパール&ゆるやかラインのノンホールピアス

  • イヤリング 樹脂製 ノンホールピアス 揺れる ロングチェーン

ページトップへ